東野圭吾「回廊亭殺人事件」

読書感想

一代で財を成した一ヶ原高顕が死亡し妻子をもたない高顕の莫大な遺産の相続にあたり、遺言状が一族の前で公開されることになった。場所は旅館「回廊亭」。一族のほかには菊代という老婆が招待されていたが菊代の本当の目的は違うところにあった。
それは半年前に回廊亭でおきた心中事件の真相を探ることだった。
そんな中、第一の殺人が・・・。
ストーリー的にはありきたりだと思ったがそこはさすが東野圭吾です。一ひねりもふたひねりもあり、またしても一気読みしてしまいました。やっぱり、最後のなぞが解き明かされるところが一番おもしろいですがそれ自体は途中から察しがつきます。
しかし、それがまさかあの人物・・・しかも・・・・でというところに伏線が張られていておもしろかったです。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール