東野圭吾「さまよう刀」

読書感想

ある少女が未成年の少年らに暴行され、覚せい剤をうたれ死亡してしま います。少年たちはその現場をビデオテープに録画して何度も楽しみ、 コレクションにしていました。 そして暴行した少年の二人のうち、 一人が少女の父親に包丁でめったざしにして殺されてしまいます。

父親は人を殺すという罪悪感もあるものの、それ以上に娘をおもちゃの ように扱った少年たちを許せなかったのです。 そして、物語はもう一人の少年を追跡しながら、父親、娘の無念を晴ら すためと自分に言い聞かせ復讐を遂げようとします。

そして、最後に父親は・・・・・。

この本の最後のほうでこういうくだりがあります。 「警察が守っているのは市民なのか? いや、警察は法律を守っている にすぎない。では法律は完璧なものなのか? そうではないだから何度 でも改正される。そもそも正義とはなんであろう? 」 この問いに答えられる人はいないんじゃないかと思います。

 

さまよう刃 (角川文庫)
東野 圭吾
角川グループパブリッシング
2008-05-24


関連コンテンツ


Posted by クロスパール