東野圭吾「名探偵の掟」

読書感想

名探偵 天下一が主人公の作品です。

しかし、一風変わった書き方がなされています。 本格的推理小説ではないですが、裏側を解説している展開でとても興味深いです。

感想は両極端にわかれる作品ですね。 私自身はこういう展開の書き方は苦手でした。  ただ、この手の手法は初めて読んだので新鮮でした。

 

関連コンテンツ


Posted by クロスパール