横関大「再会」

読書感想

岩本万季子の息子である正樹が万引きしたとスーパーの店長 佐久間秀之があった。秀之とは小学生時代の顔見知りであった が全く好感のもてないことははっきり覚えていた。 秀之は万引きのことを最初は金で解決するようにせまる。 渋々了承した万季子であったが心配になり離婚した夫である 圭介に相談すると二人で金を渡しにいくことになる。

しかし、交渉の場所にいってみると秀之は銃で撃たれて死亡 していた。 なぜだ? 二人は正樹の将来のことを考え警察には 知らせずにその場を立ち去るがその拳銃が23年前にある警察官 の拳銃だった。そのある警察官とは圭介の父親だった。 23年の時を経てなぜ拳銃はでてきたのか? 最も不可解に感じたのは万季子と圭介だ。 なぜならその拳銃は 万季子と圭介、秀之の弟である直人そして現在警察官になって いる飛奈淳一の4人が小学生時代にタイムカプセルとして埋めた ものだった。 どうしても納得がいかない4人はタイムカプセルを 掘りおこしてみるが・・・・・。

 4人が再会し事件は現在と23年前の事件とを結びつける。 そして、最後の再会者は・・・・・。 おもしろかったです! 

前から本屋でみつけていてブックオフに あったのですぐに買いました。 序章から事件、そしてその謎を 解く刑事にも深みがありだれることなく一気読みでした。

 私はほんとうに素晴らしい作品だと感じましたがこの作品は 江戸川乱歩章受賞作でその審査員たちの書評が巻末にのって いるのですがその中の一人が東野圭吾でした。 その書評を 読むと「あ、そうだ!」と思うようなことが書いてあります。 それを書いているから東野作品はほんとうに良い作品なのだと 改めて感じました。  しかし、この作品もほんとうにすばらしいです。

 

関連コンテンツ


Posted by クロスパール