重松清「その日のまえに」

読書感想

この作者の書き方の特徴は最初に人物紹介がこれといってない ことでしょう。今回もそのパターンで読み進めていくうちにこの人物 はこうだったのか!わかります。 「その日」とは一人の人間の死をいみしていますが残された人には 「その日」から「あの日」へと変わっていきます。 そんな家族の心情の変化を強いと感じました。

 

関連コンテンツ


Posted by クロスパール