重松清「流星ワゴン」

読書感想

38歳、秋、もう死んじゃってもいいかな~と思っていた僕の前に
ワインカラーのオデッセイが止まっていた。その車に引き寄せられ
僕は橋本さん親子と対面する。そこは死にたいと思っている人
だけが乗ることのできる車だった。
そしてそのときには気づかなかった自分の大切な時間に戻って
いくが、僕は絶望的な「今」を変えることができるのだろうか?
重松清の作品は2作目ですがハートフルな感じの作品が多い
のかなと思います。 その時には気づかず後になってから、ああ
あの時ああしていればと思うことは普段からよくあることだが
その時に戻れれば今は変わるのだろうか? そんな主題がある
作品です。 橋本さん親子の絆、僕の家族の絆、父親のあり方
など誰もがその立場になれば悩むことがあるであろうことを
丁寧に丁寧に書いていて共感できる部分がたくさんあります。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール