柴田よしき「桃色東京塔」

読書感想

過去に苦い経験を持つ刑事黒田岳彦と夫を失った刑事小倉日菜子がひとつの事件をきっかけに知り合い話は進んでいきます。東京と地方に舞台を展開させながら進んでいく。
警察小説という部類に入るのかなと思いきや読んでいくと二人の感情にクローズアップされたものも多く事件の内容よりもそちらの方に気が向きます。
柴田よしきさんらしい、人間味のよく出ている作品だと思いました。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール