今邑彩「そして誰もいなくなる」 

読書感想

タイトルからも察しがつくとおりアガサ・クリスティの著作が事件の
発端になっています。女子高で劇をすることになるがその劇中で
最初の犠牲者がシナリオどおりに本当に死亡してしまいます。
そして、見立て連続殺人事件が続くことになるのだが実際に
殺人を起こせばもちろん法によって裁かれる罪になります。
しかし、法で裁けない罪はどうなるのでしょう? そんな法律では
裁けないことが隠れた主題としてあります。
この作者の作品はまだ読んでいる数が少ないですがこの作品は
秀逸です。ミステリー、世の中の矛盾、人の揺れ動く気持ち、エゴ
などを加味して最高級の作品だと思います。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール