今邑彩「金雀枝荘の殺人」

読書感想

その昔ある洋館で連続殺人事件が起こったがそれをなぞらえた
連続殺人事件が数十年後に発生する。
いったいこの洋館にはどんな秘密があるのか? そしてこの洋館
に集まった一族の謎が解き明かされていきます。
物語は6章に分かれているのですが時代が飛ぶので半分ぐらい
まで読んでも頭がこんがらがっていましたが最終章からの謎解き
に入っていく部分からはもつれた紐がほどけるように爽快です。
ただ私の場合は何度も前に戻って読み直ししながら進みました。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール