今邑彩「蛇神」 

読書感想

日登美の部、日美香の部の2部構成でなされています。
親子3代にわたる「日の本村」という奇祭に纏わることを軸に
展開されていきます。
ミステリーホラーですが昔では実際にありそうなことがらを題材に
してあるのでより背筋が寒くなるときがあります。
この作者も凝り性なのか「蛇」に関する書籍が数冊あるようです。
引き続き「双頭の蛇」という書籍を読んでいきたいと思います。

蛇神 (角川ホラー文庫)
今邑 彩
角川書店
1999-08


関連コンテンツ


Posted by クロスパール