今邑彩「裏窓 殺人事件」 

読書感想

自殺と思われていたマンションからの墜落死。しかし向かいの
マンションに住む足の不自由な女の子の証言から事態は思わぬ
方向にころがりはじめます。
そして第二の殺人事件がおきて何の関係もないと思われていた
事件がひとつの写真の人物をきっかけにつながりを見せたとき
貴島の推理が加速します。
こちらも貴島シリーズです。
もう一冊貴島シリーズがあるのですが3冊読んだ中では最高の
出来だと思います。
そしてこちらも例にもれず、本題の後に深いエピソードがあります。
最初のマンションからの墜落死からの事件をきっかけに関係ない
と思われる過去の事件の真相があきらかになります。
どんな事件でも加害者・被害者及びそれぞれの家族・友人など
すべての周りにいる人が巻き込まれてしまいます。
今回の作品は結局過去の事件を忘れられずにいた二人の人物
の思いが起こさせたものかもしれないと感じました。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール