五十嵐貴久「ウエディング・ベル」

読書感想

前作「年下の男の子」の続編です。
前作で一度は別れを経験しながら結局は再び付き合うことに
なった川村昌子(37歳)と児島達郎(23歳)だが両家の両親の
反応、友人の反応そして今後二人について順に書かれています。
感想としては、最後に作者なりの結論が欲しかったですね。
最後は読者任せになっているので、どないやねんと思ってしまい
ましたが答えのないことだけにそうせざるを得なかったのかも
しれません。 ただ話のなかでキーポイントであるのはわかるの
ですが常々14歳の年齢差のことがでてきてかなりうっとうしい
です。あまりにもでてくるのでいらいらしました。
女性がひとまわり以上だとやっぱり問題があるのでしょうかねえ?
人の幸せなんてそれぞれなんだからやりたいようにやればいいと
私は思いますが家族、世間のしがらみがそれを許さないかも
ですね。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール