柴田よしき「回転木馬」

読書感想

10年前に失踪した夫・貴之に会いたい・・・その気持ちだけで夫 がしていた探偵事務所を続けていた唯だがある調査の中で偶然 にも夫かもしれない人物を見かけることになる。唯の気持ちは 止められず、同業の友達に夫探しを依頼して自分も同行しながら 探すことになる。貴之は何故?忽然と失踪したのか? この作者もシリーズものが多いようで今作も「観覧車」という作品 の続編にあたるようですが今作のみでも読みきりできます。 女性視点で描かれているのでいまいちピンとこない作品でしたが 「観覧車」を先に読んでいれば感慨深い作品だったのかもしれ ません。 

関連コンテンツ


Posted by クロスパール