柴田よしき「観覧車」 

読書感想

続編に当たる「回転木馬」を先に読んでいたのですがそのときは
いまいちな作品だと思っていましたが今回の「観覧車」を読んで
その感想は変わりました。
夫が失踪した後、下澤唯は必死で探偵事務所を運営していきます。
その事件の中で気持ちの揺れがはっきりと読み取れます。
事件を通して自分はなぜ?こんなにも夫を探しているのか?
求めているのか?を自分に問いかけ、もうすべてをあきらめかけ
た時、ある事件の調査中に夫の影が浮上します。
そのときの唯の心境は複雑ですが微妙な心情も描きさされていて
心にしみます。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール