柴田よしき「求愛」

読書感想

翻訳者の弘美は親友の自殺の真相を突き止めたのをきっかけに
私立探偵になる。 数々の依頼を受けていく中、親友を自殺に
追い込んだ人物の情報をキャッチする。弘美はその人物に合法的
に制裁を加えようと心に決める。
翻訳者→私立探偵という流れがかなり突拍子もないように感じ
られましたが読み進めていくと自然と違和感もなく理解できるよう
にストーリーは進みます。
私立探偵事務所に舞い込んで来る依頼を中心に物語りは進んで
いくわけですがその依頼の中で「人の心」とはなんなんだろうと
弘美は考え込んでしまいます。
最後には弘美の探偵として生きていこうという気持ちがはっきり
と感じとれて続編があればいいなという終わり方で良かったです。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール