柴田よしき「RIKO女神の永遠」

読書感想

デビュー作ということですが疾風怒涛のストーリーかつ主人公
緑子(りこ)の生き様がすごいです。
柴田よしき作品でもうこれを読んでない人は絶対に存していると
思います。
内容は結構ハードです殺人事件も少年を強姦するというものや
緑子の警察内部での境遇もかなりハードです。 
そして事件の結末は・・・悲しい。
人間の欲望が渦巻くこの世界をリアルに表現した作品です。
小説の中でこういう件があります。
人間は圧倒的な暴力の前には逆らえない・・・。
そう、人が理性をはずした本性が垣間見える一文です。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール