柴田よしき「象牙色の眠り」

読書感想

一人の著者がこれほどバラエティにとんだ作品を描けるのは
すごいことだとつくづく思いました。
大豪邸原邸で家政婦として働く瑞恵は夫の借金に苦労していた
がそれでも借金返済後の夫との平穏な生活を目指して日々暮らし
ていた。そんな矢先、原邸のかおりが何者かにひき逃げされて
しまう。命は取り留めたもののこん睡状態になったその日を境に
原家の人間がひとり、またひとりと死亡していく。
原家の人間は事故で死亡したのか? 自殺なのか? それとも
他殺なのか? 
原家の人間のみならず、もう一人の家政婦玉江、原家の顧問
弁護士であり瑞恵の昔の恋人椚沢も入り混じり、真相は混迷を
極めていく。  真相を知るものそれは・・・・・。
人間の感情の変化は幅が大きく普段は温和な人でもちょっとした
ことが原因で人殺しをしてしまう可能性が秘めていると感じてし
まいました。
最後はやっぱり真相を知る人物は○○か・・・と思いましたがそれ
までに話は二転三転して読み手を翻弄します。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール