柴田よしき「0ゼロ」

読書感想

ゆび」の続編的作品です。
「悪意」として存在するものが他の実体にうつって事件をおこして
いきます。前作の登場人物もでてきて、プラスその「悪意」を捕ら
える側にも同じような能力の持ち主も現れます。
超常現象の部分もおおいのですがそれなりにリアル感もあり
私の好きなタッチの作品です。 人間の「悪意」って誰でももって
いることだし、それはひょんなことからふっとあらわれます。
ただそれが表にあらわれてしまうのか、抑えることができるのか
だけなんでしょう。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール