柴田よしき「ふたたびの虹」




小料理屋「ばんざい屋」の女将と訪れてくる客との話です。多様な悩みを聞きながらちょっと女将が手助けをしてきます。最後には女将の過去がでてきますが小説とはいえ現実にもこういうことはあるんだろうなと感じました。









シェア