石持浅海「扉は閉ざされたまま」

読書感想

本屋で前面にあったのでちらっと手にとってみると面白そうだった
ので買ってみました。
内容的には最初から犯人がわかっていてそれを紐解いていくと
いう構想です。 ある大学生の同窓会で一人の後輩を殺害する
計画を立てた伏見は完全なる密室をつくることに成功して集まった
仲間を欺くことができたと思った矢先に同級生の妹で参加して
いた碓氷優佳だけがその違和感を感じる。
伏見と優佳この二人の息詰まる理論的な会話にひきこまれます。
この作家の作品もまた読んでみたいと思いました。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール