石持浅海「君の望む死に方」

読書感想

碓氷優佳シリーズの第二弾?です。
余命6か月の宣告を受けたソル電気の社長、日向は自分を
殺したいと考えている梶間に殺させようとするのだが碓氷優佳の
登場によりことごとくその計画に亀裂が入りうまくいかなくなって
しまう。 優佳のするどい観察眼と推移力で今回も派手なシーン
はないものの心理的に満足できる作品でした。
しかし、今回の作品も倒叙小説(最初から犯人がわかっている)
だったのですが読み終えた後に、特に倒叙小説にしなくても
良かったかなと感じました。
それでもこういう理論対理論の構想はおもしろいですね。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール