石持浅海「君がいなくても平気」

読書感想

それほど愛してもいない彼女、早智恵が上司を殺害したと確信した水野はどうにかして早智恵と別れようとする。しかし、その前に第二の殺人がおきてしまう。水野は本当に早智恵を愛していなかったのか?早智恵が同僚を殺害していく動機はなんだったのか?
大きなトリックはありませんが作者らしい心理描写が絶妙だと感じました。私はまだ数冊しか読んでいませんが犯人ありきの流れが作品の中に多い気がします。早智恵と別れたい水野、別れたくない早智恵のやり取りが最後まで続き早智恵の気持ちがわかったときには水野は自分の本当の気持ちを知ることになります。殺人事件はともかくとして実際の出来事でもありそうな流れです。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール