辻村深月「太陽の坐る場所」

読書感想

高校卒業から十年の歳月が流れ同級生の話題は人気女優となったキョウコのことだった。クラス会に欠席し続ける彼女を呼び出そうとするがコンタクトを取った友人の消息が次々と絶たれていく。そして物語はそれぞれの過去の記憶と現在とが交互に進んでいきます。この作者の作品は初めて読みましたが後何冊かは読んでみたいと思いました。それぞれの人間の思惑が描かれており私の好きな小説かなと感じましたがどうも話の流れは歯切れが悪いように思いました。結局消息を絶ったクラスメイトはどうなったんだろう?

関連コンテンツ


Posted by クロスパール