山田悠介「あそこの席」

読書感想

学校の教室のある席にすわると不幸が訪れる、3人の犠牲者が出た後不振に思ったその席に座った
生徒が調べていくと・・・。
小説を読もうと決め手誰の作品を読むか迷っていたのですが、以前読んだ「親指さがし」が面白か
ったこともありこの作者の作品を手に取りました。
学校って今はどうかわかりませんが私が生活していた頃はなにかしら、そういう噂めいたものが
あったものです。それをうまく起用しできた作品だったのでなんか興味を書き立てられました。
ただ、ふつーっぽいっていうのもあります。この作者の特徴でしょうか。
まあだから、すんなりと入っていけるんだと思います。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール