山田悠介「スピン」

読書感想

世間、学校の教師、親、自分のおかれた境遇に反旗をひるがえしたい、そして自分たちの存在価値
を知らせたい少年達がネットを通じて心を通い合わせた。そしてある計画を実行する。それは同時
バスジャック!それぞれの地点からバスジャックをして東京タワーを目指す! 果たしてネット仲
間は実際に会うことはできるのか? そして最後には思わぬ言葉がネットの掲示板に・・・。

感想

もちろん、良かったです。同じ人間が書くと多少の違いはあれど基本路線は同じなんですね。だか
らファンというものがつくのでしょけど。これを読んでやはりネットは便利な反面怖い面もあるな
というのが正直な感想ですね。大人になってもコロッとだまされるようなこともあるので少年少女
ならなおさらだと感じました。クライマックスである言葉がネットの掲示板にかきこまれるのです
がそれをみた少年達の心境を考えるとほんとうにいてもたってもいられない気持ちになります。
「ネット」というものを考える上でも読んでいい作品やと思います。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール