五十嵐貴久「交渉人」

読書感想

”3人組のコンビニ強盗が、総合病院である小出病院に、50人近い人質を盾に立て籠もる。ネゴシエーターの技術を持つ石田修平警視正は、犯人グループの長との電話での交渉で巧みに誘導し、人質を1人また1人と解放させていく。一連の事件は突発的な殺人との予測で解決間近に思われたが、次第に警察側には思いもよらぬ展開になって行く。”

導入部分から現場に急行できるのが女性交渉人の遠野麻衣子しからおらず石田修平にバトンタッチするまで指揮をとるのが始めの見どころだ。男性社会が色濃い警察組織で女性の指示に戸惑う、疑問を投げかけるのは現実もあまり変わらないと感じました。

途中から遠野麻衣子が違和感を覚えたあたりから物語は次第に強盗事件からそれていきますが本当の目的、そして真の犯人をみつけたとき悲しみ、嘆きが湧き出てきました。

おそらくこのようなことは現実にも多いような気がしますね。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール