柴田よしき「月神の浅き夢」

読書感想

妻として母としての幸せを手に入れた緑子。警察を辞め、その柔らかな幸せの中だけで生きていこうかと思い始めた時、若い男性刑事だけを狙った連続猟奇殺人事件が発生。これが最後の仕事、と捜査に乗り出す。”

RIKOシリーズの最後を飾る作品です。

スリリングな展開と緑子の心の揺れが伝わってくる素晴らしい作品であったと思います。また山内練の過去にもクローズアップしているのでそのあたりにも注目してみるとおもしろいです。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール