柴田よしき「Miss you」

読書感想

”有美は26歳、文芸の編集者。業界では駆け出しながら、生真面目さと熱意で仕事は軌道にのりつつある。しかし同僚の女性が殺され、元流行作家の妙な電話を受けてから有美自身も狙われはじめた。事故か。人ちがいなのか。婚約者、新人作家、流行作家などの輪が平凡なヒロインを目くるめく翻弄する。”

読み応えのある作品でした。出版関係が題材なので柴田さんも内情をよくわかっている分野とあり丁寧なつくりだと感じました。話は後半部分から流れが速くなりほとんど一気読みでしたね。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール