柴田よしき「窓際の死神」

読書感想

”死神〈アンクー〉の姿を見ると、自分か、その愛する人が死ぬという──。OLの多美は、恋敵が死ぬ夢想にとりつかれ、自分を嫌悪している。ふとしたきっかけで、総務部の窓際主任・島野に相談してみると、彼は、その夢想は予知なのだと説き、そして自分はこれから死ぬ誰かを黄泉へとおくる死神なのだと言い出した。”

死神がいつもそばにいる冴えない上司だったら・・・。
死神であることを認識した多美は「生」への意識を強く持ち始める。今まではなんとなく生きてきた生き方に後悔をするという死を目前にした人の心理が現れます。

現代ではこういう人が多いのだろうなと感じました。おそらく私もそうだろう。

このような作品は定期的に読むと心にぐっとくるものがありますね。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール