柴田よしき「貴船菊の白」

読書感想

”秋になったら、いつかあなたが話してくれた、京都の紅葉を見に連れて行って―亡き妻が語ったその地は刑事になって初めての事件で、犯人に自殺された因縁の場所だった。刑事を辞めた男が十五年ぶりに訪れたとき、そこに手向けられていた貴船菊の花束。白く小さな花は、思いもよらぬ真相を男に告げる…。”

京都を舞台にした7編の短編小説ですがひとつひとつに味があり心に残ります。
個人的には「幸せの方角」が良かったですね。ラストを締めくくるにふさわしいものだったと思います。
明日への希望がみえる終わり方でした。

京都に詳しい人は知っている地名も出てきて楽しさも膨らむと思います。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール