柴田よしき「やってられない月曜日」

読書感想

”高遠寧々、二十八歳、経理部勤務、就職氷河期のコネ入社が引け目──。勤め先は一応大手の出版社、彼氏はいなくても、気の合う仲間もいるし、趣味もあるし、一人暮らしも満喫中。だから辞める気なんか少しもない。けど、職場にあるのは伝票の山と経費のゴマカシとパワハラと不倫……、はっきり言って、不満だらけです!”

これがOLの本音なんだろうと想像して読みました。とにかくおもしろいですよ。
タイトルの「やってられない月曜日」は読み終わったときにほんと秀逸だなと感じました。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール