柴田よしき「小袖日記」

読書感想

”上司との不倫に破れて自暴自棄になっていたあたしは、平安時代にタイムスリップ!女官・小袖として『源氏物語』を執筆中の香子さまの片腕として働き、平安の世を取材して歩くと、物語で描かれていた女たちや事件には意外な真相が隠されていた―。”

タイムスリップものでしたが源氏物語を題材にうまくまとめられていました。タイムスリップものといえばタイムスリップしたものが他にいるかどうかが一つの焦点になるとおもいます。だいたいいるものなのですがこの作品でも案の定登場しました。^^

この展開は私は好きですね!

いつの時代も女性が共感する部分は同じなのかなと感じました。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール