柴田よしき「猫と魚、あたしと恋」

読書感想

”「猫は水が嫌いなのに、どうして魚が好きなんでしょう? 女の子は辛いこと、苦しいこと、めんどくさいことなんかみんな嫌いなはずなのに、なぜ、いつも恋を追い掛けているのでしょう?」
 不倫、万引き、覗き、睡眠傷害……。日常を生きるために、恋をまっとうするために、普通に“壊れて”しまう“あたし”たちをストレートに描く九編。”

ふとした拍子に自分の中の何かが壊れてしまう。そんな日常を描いた短編集。
”あるかも”と思わせてくれる作者の書き方がうまいと思いました。

でもいくら気を付けてもそうなってしまうことがあるのも現実。気を付けないとね。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール