柴田よしき「フォーディアライフ」

読書感想

”眠らない街・新宿――。眠れない探偵は走る。
元マル暴、現私立探偵兼保育園園長。タフで優しい極上探偵物語。

新宿2丁目で無認可だが最高にあったかい保育園を営む男・花咲慎一郎、通称ハナちゃん。慢性的に資金不足な園のため金になるヤバイ仕事も引き受ける探偵業も兼ねている。ガキを助け、家出娘を探すうちに巻きこまれた事件の真相は、あまりにも切なかった……。”

キャラが際立っていました。だいたい小説というのはあまり重要でない人物はそれほど深く書き込まないと思うのだけれどこの作品では登場人物すべてがキラキラいやギラギラした形で印象に残りました。

浮き出された個性がぶつかりあい話は進んでいきますがそれでもごちゃごちゃせずに読み進めることができました。このあたりも作者の技量の高さを感じます。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール