東野圭吾「夜明けの街で」

読書感想

”不倫する奴なんて馬鹿だと思っていた。ところが僕はその台詞を自分に対して発しなければならなくなる―。建設会社に勤める渡部は、派遣社員の仲西秋葉と不倫の恋に墜ちた。2人の仲は急速に深まり、渡部は彼女が抱える複雑な事情を知ることになる。15年前、父親の愛人が殺される事件が起こり、秋葉はその容疑者とされているのだ。彼女は真犯人なのか?渡部の心は揺れ動く。まもなく事件は時効を迎えようとしていた…。 ”

彼女が犯人なのかどうかよりも、時効の時間に関係者が全員殺人現場に集合するという奇妙な構図に違和感がありました。そんな中関係者ではない渡部はなぜそこにいることになってしまったのか。すべては秋葉の思惑通りに進んでいたがひとつだけ誤算あり、それが切なかったですね。

確か岸谷五郎・深田恭子でドラマにもなっていたと思いますがこちらの終わり方はいまいちでした。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール