東野圭吾「たぶん最後の御挨拶」

読書感想

分類としてはエッセイというのになるんだろうか?

東野圭吾が今まで出してきた作品をどうやって作ってきたのか、東野圭吾の自分史のようなことをおもしろおかしく掻き立てている。

東野圭吾という人物が何をする人なのか知らなくても楽しめると思います。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール