東野圭吾「ウインクで乾杯」

読書感想

仕事先のホテルで同僚が殺害された。警察の見解は自殺と判断されるが小田香子の身にも徐々に危険がせまってくる。なぜ狙われるのかわからない香子。

そして同僚の死を調べていくうちに明らかになっていく真実。

推理小説のわりにはさくさく読めすぎるといった感じです。謎解きが凝っているわけでもなく、真相が深いわけでもない。読み終わったときに読み切ったおもしろかったと思うにはちょっと軽いですね。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール