東野圭吾「おれは非情勤」

読書感想

小学校に非常勤講師として働いている主人公がその日常に起こる様々な問題をクリアしていくというものです。現代の教師に物申すというメッセージがあると感じました。

結局というかそもそもというか教師だって人間なんです。それを無視してあ~だこ~だといっても何の解決にもならないでしょう。そんな本音が出ていていいなと思いました。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール