東野圭吾「探偵倶楽部」

読書感想

金持ちしか依頼することができない「探偵倶楽部」。
依頼主のもとに赴き、次々と明快に解決していく探偵の名前は出てきません。それでいて物語は進行するのに何の支障もないのでこのあたりは書き方がうまいのかなあと思いました。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール