東野圭吾「どちらかが彼女を殺した」

読書感想

殺人事件が起こり犯人を特定していく過程は通常の推理小説と同じですが、なんとこの小説は犯人がわかりません。おそらく東野圭吾さん以外でこういう書き方をしている人はあまりいないのではないでしょうか。

つまり犯人を特定するための材料はでてくるのですが最後は読者の想像に任せますといった感じです。これを無責任ととるかおもしろいととるかは読者次第ですね。

私はおもしろく感じました。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール