東野圭吾「超・殺人事件」

読書感想

ブラックユーモアあふれる作品です。
出版界ではあの手この手で売れる方法を考えることは必要なのかもしれないけど、そこまで露骨にするか?と突っ込んでしまいたくなる話もありました。
全部が本当ではないだろうけど、近かりしものもあると思うので著者自身の皮肉も混じっているのでしょう。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール