東野圭吾「宿命」

読書感想

私は映像を先にみたのですがその時はいまいち「宿命」というタイトルにピンときませんでした。しかしその後小説を読んでみてバラバラになっていたパズルがひとつの形となって表れたような気がしました。

”高校のときの初恋の相手がいたが結ばれず、10年後その女性は殺害されてしまう。しかもその容疑者は高校時代の親友だった。”

関連コンテンツ


Posted by クロスパール