東野圭吾「マスカレード・イブ」

読書感想

刑事新田浩介とホテルでフロントクラークとして働く山岸尚美が出会う前に物語が交互に展開されていきます。最後には「マスカレードホテル」へと続く余韻も持たせていて楽しめる作品でした。

マスカレードホテルよりこちらを先に読んでもおもしろいかもしれないですね。

関連コンテンツ


Posted by クロスパール