読書感想一覧

東野圭吾「手紙」

この作品を名作と呼ばずにどの作品を呼ぶのでしょうか。名作と呼ぶにふさわしい作品です。”実の兄が殺人を犯してしまう。そのせいで殺人犯の家族ということでことごとく人...

東野圭吾「卒業」

加賀恭一郎シリーズ第一作です。この頃はまだ加賀は刑事ではなく学生でした。しかし学生でもその存在感は圧巻です。ただ茶道に関する専門用語が出てきてそのあたりの内容把...