読書感想一覧

東野圭吾「美しき凶器」

かつてスポーツ界で華々しく活躍していた、安生拓馬、丹羽潤也、日浦有介、佐倉翔子の4人はどうしても知られてはならない秘密があった。その秘密を知る唯一の人物、仙堂之...

東野圭吾「超・殺人事件」

ブラックユーモアあふれる作品です。出版界ではあの手この手で売れる方法を考えることは必要なのかもしれないけど、そこまで露骨にするか?と突っ込んでしまいたくなる話も...

東野圭吾「探偵倶楽部」

金持ちしか依頼することができない「探偵倶楽部」。依頼主のもとに赴き、次々と明快に解決していく探偵の名前は出てきません。それでいて物語は進行するのに何の支障もない...

東野圭吾「ちゃれんじ」

おっさんスノーボーダーの話です。とにかくスノボーをやりたくなった作者が仕事もそっちのけでやりたいという欲望を叶えていく話です。おっさんでもちゃれんじすることの楽...

東野圭吾「おれは非情勤」

小学校に非常勤講師として働いている主人公がその日常に起こる様々な問題をクリアしていくというものです。現代の教師に物申すというメッセージがあると感じました。結局と...

東野圭吾「虹を操る少年」

光楽家として多くの人を魅了する光留には大きな計画があった。光を通してメッセージを送るということができる光留の力を利用する人々もでてきます。人とは違う能力を持つこ...