セミリタイアするためには

必要なお金は人によって違いますが目安があった方がいいですよね。
私は資産3000万(年間生活費12.5倍)でしたが相場環境に助けられました。
これから目指す人には年間生活費15倍+αをおすすめします。

詳細はこちら

電気代が昨年の2倍になりました

この記事は約2分で読めます。

先日、電気代の請求書が来たんですがこれまでに見た事もない数字でちょっとびびりました。昨年の電気代を見てみたんですが2倍になっていたんですよね。

高くなった原因をいろいろと見ていきたいと思います。

2021年1月と2022年1月の電気代の請求金額

(12月7日~1月7日 32日)

2021年 8626円(315kw・1日あたり9.8kw)

2022年 17266円(544kw・1日あたり17kw)

さすがにこれはびっくりするでしょ。何かの間違いかと思ったのですがよくよく考えるとそうでもないなと思ったので原因を探ってみました。

電気代が2倍になった原因

1kwあたりの単価

2021年 8626÷315≒27円

2022年 17266÷544≒32円

1kwあたり5円高くなっていました。電気料金の値上げのニュースはありましたが特に気にしていなかったのですが今回改めて計算してみました。

仕事の休日日数(12月7日~1月7日 32日)

ずっとではないですが仕事が休みの時は基本的に家にいることが多くて、日中はずっとエアコンや電気ストーブ、ホットカーペットがついています。

2021年 休日日数10日

2022年 休日日数15日

5日間の差がありますからそこそこ料金の違いに出てくるようにも思いますが、これだけで2倍になるのはちょっと行き過ぎな感じがします。

何となくでしか覚えていませんが昨年は暖房器具を使用している時間が今回よりも少なかった気がするんですよね。電気料金の値上げや自宅にいる日数が増えていることもありますがたぶん使用時間が圧倒的に増えている感じがします。

電気代を減らす対策

減らす対策と言っておきながら何ですが電気代の節約はコスパが悪いと考えているので特に何かをしようとは思いません。しかしずっと家に居ても座ってばかりなので1日数時間は外出して散歩したりして電気代削減に貢献してみたいと考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました