iシェアーズ S&P500 米国株 ETF(1655)運用報告




この記事は約1分で読めます。

先週はNYダウも日経平均も大荒れの展開となりました。iシェアーズ S&P500 米国株 ETF(1655)の指値はずっと入れていたのですが一気に約定ラッシュとなりました。この取引は長期的な資産運用目的ではなく短期的な収益を目的としています。

詳細はこちらの記事をご覧ください。




iシェアーズ S&P500 米国株 ETF(1655)口座状況

auカブコム証券

一気に30口約定となりました。ピラミッディングで買い下がっているので含み損はそれほど大きくなっていませんね。現在は1815円までの指値が約定しています。さすがに下がりすぎだとは思うのですがとことんオーバーシュート(行き過ぎる)するのが常なので来週も約定ラッシュが続くかもしれないです。

ETF取引をして感じたのはやっぱりリアルタイムで約定するのはなんかすっきりします。投資信託の積立の場合だと設定すれば自分は特に何もしないので手持無沙汰になるのもわかります。

そうは言っても主力は投資信託の積立でいきますけどね。

それではまた取引があればご報告したいと思います。

コメント

  1. 1655といえば例の外国株ETFの二重課税調整制度。
    今回の配当で検証したけどやはりきちんと調整されてるっぽいわ。
    どっかのブログで観たけど、この制度のおかげで場合によっては無配の投資信託よりも有配当ETFのほうが有利になる場合もあるそうな。

    やはりリアルタイムで値段がついて瞬時に取引できるのがETFはいいね、これだけ値動きが荒いと投信だといったいいつの動きを織り込んでの価格決定なのかさっぱりわからんw

    • 招き猫の右手さん
      私もそんな記事どこかで見かけた気がします。その時に私は投信でいいかなと思いました。
      ETFの方が機敏に動けるのがいいですよね。
      いちいち指値したり成行買いしたりするのが面倒だけど。

タイトルとURLをコピーしました