iシェアーズ S&P500 米国株 ETF(1655)運用報告(全決済)




この記事は約1分で読めます。

この取引は長期的な資産運用目的ではなく短期的な収益を目的としています。

詳細はこちらの記事をご覧ください。




iシェアーズ S&P500 米国株 ETF(1655)全決済

auカブコム証券

2020年4月7日に全決済しました。利益は5634円でした。投資額に対して約7%の利益だったので短期トレードとしてはまずまずでしょう。ただ、この戦略は今回限りにしたいと感じました。

その理由は注文を出すのが面倒くさいからです!

・値幅制限があるので値幅を超えると注文がキャンセルされてしまう

・注文に期限がある

・100円ごと等の一定間隔の注文が一括でできない

上記三つの理由で面倒この上ないと感じてしまいました。

戦略的には申し分ないと考えていますが手間がかかり過ぎますよ。

コメント

  1. あらー、性に合わなかったか。
    僕はその点、面倒くさいというより1月に一回くらいは指値するのも楽しいなー、てな感じでむしろ面白くてやってる。
    貸株金利も含めた差し引き経費でETFのほうが安いんじゃないのという点も大きいかな。
    あと、今回のコロナショックの時のように価格が大幅乱高下するときに投信はキツいなって思った。
    今日売買注文だしても翌日の基準日で受け渡しは何日後とかでもうどういった価格になるのかわけがわからんw
    逆に言えばETFは指値が面倒だけど、その日その場の価値でビッシリ取引できてすぐ反映するっていうのが良さかなー。

    でも自分に合った方法でやるのが一番だね。

    • 招き猫の右手さん
      一か月に一度ぐらいだったらいいけど、今回は短期的な買い下がりだったので面倒だったんですよね。
      ETFは機敏性があるのでそこはいいなと思いました。
      あと投信のように不透明な部分がないのもいいですよね。

      まあ総合的にみて私の場合は投信の方が性に合ってるかな。

タイトルとURLをコピーしました