高配当株戦略で年間30万の配当金を目指します




この記事は約4分で読めます。

私の資産運用の中心は先進国株式インデックスですが配当金目的の投資も少しはあってもいいんじゃないかということで2018年からちょこちょこと日本株を購入しています。現在は54銘柄保有しています。

詳細はこちらの記事をご覧ください→2019年2月 日本株ポートフォリオ

現在の予想年間配当金は約20万(税引き後)となっています。できればこれを30万ぐらいにできたらいいなと考えています。30万というのはとくに理由はないのですが拠出できるお金を考えるとこれぐらいが妥当なのかなと感じます。




高配当株を1000万保有して配当利回り3.75%を目標

あくまで目標ですが上記の計算で年間配当金は30万(税引き後)となります。今後多少労働して高配当株を購入するにしても1000万ぐらいが上限だと考えられます。労働をたくさんしてどんどん稼ぐことができれば資金を捻出することは可能ですが、そこまで労働をしたいわけではないので1000万ぐらいが資産全体を考慮してもいい塩梅かなと感じます。

現在の評価額は約700万となっていますのであと300万ですね。60万×5年といったところでしょうか。ただ毎年均等に60万分購入するということでもなくある程度は安値を狙っていきたいです。

最悪購入できなくても問題ないので現金をキープしておくのもありです。

2019年3月時点でのチェック銘柄一覧

14206 アイカ工
24224 ロンシール工
34508 田辺三菱
44973 高純度化
54975 JCU
65388 クニミネ工業
75659 日精線
86859 エスペック
97729 東精密
107820 ニホンフラッシュ
117921 宝印刷
128058 三菱商事
139433 KDDI
149437 NTTドコモ

14銘柄をチェックしていますが時期を見ながら購入できたらいいなと考えています。仮に100株ずつ購入したとすると配当金は約9万(税引き後)となります。年間配当金30万を目指しているのでなかなかいい感じではないでしょうか。

増配率2%で20年後に約43万の配当金

増配する株ばかりではありませんが2%の増配率で計算すると20年後に約43万の配当金となります。1~3%で計算してみました。

年数1%2%3%
1年目300,000300,000300,000
2年目303,000306,000309,000
3年目306,030312,120318,270
4年目309,090318,362327,818
5年目312,181324,730337,653
6年目315,303331,224347,782
7年目318,456337,849358,216
8年目321,641344,606368,962
9年目324,857351,498380,031
10年目328,106358,528391,432
11年目331,387365,698403,175
12年目334,701373,012415,270
13年目338,048380,473427,728
14年目341,428388,082440,560
15年目344,842395,844453,777
16年目348,291403,761467,390
17年目351,774411,836481,412
18年目355,291420,072495,854
19年目358,844428,474510,730
20年目362,433437,043526,052

20年というと私は68歳ですから何とか生きているでしょうか?(笑)

年金が65歳から支給されるなら年金+配当金で生活費を賄えるかもしれません。そうすると気持ち的にかなり楽ですよね。インデックス投資は将来的な資産の増大を目論むものですが資産活用期になったときから下落相場が長く続けば厳しいのかな?とも感じることはあります。

将来はどうなるのかわかりませんが自分が良いと思う選択をしていき微調整をしていくしかないと思います。配当金は投資をするモチベーションアップにもつながりやすいと感じているので自分にあったバランスで継続していきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました