サラリーマンほど理不尽な組織はないけど、なぜほとんどがサラリーマンなのか

自分らしい生き方

日本で働くどれぐらいの割合がサラリーマンなのだろうか?詳しい数字はわからないけど確実に50%以上はいますよね。感覚的には80%以上はサラリーマンのような気がします。海外でも同じなのかな?ただ海外では日本と違った形のサラリーマンの世界なのかもしれない。

日本のサラリーマンの不満や愚痴はほとんど同じです。私は何度か転職しましたが基本的には「上司部下の不満」「給料の不満」「組織への不満」これらがほとんどを占めるでしょう。そういう私もこれらの不満はあります。かといってこのサラリーマンを辞めることができるのかと言われるとできません。

それ以外にお金を稼ぐ術がないからなんですね。そうお金を稼ぐ術を持たない人間はサラリーマンをするしかないのです。これが日本でサラリーマンをする最大の理由だと思います。

サラリーマンという組織に雇われるという生き方はとても窮屈です。窮屈と感じない人はそういう生き方があっているんでしょうね。それも一つの生き方なのでありだと思います。

しかし私を含むリタイア思考の人間にとってサラリーマン万歳と考えている人は皆無なのではないでしょうか。サラリーマンも悪いことばかりではありませんが、年齢が上がるにつれて不満は大きくなるように感じます。

リタイア思考の人間にとって一度疑問を持ってしまうともうサラリーマンという生活が何かおかしいと感じまくるでしょう。まあ、今の日本のサラリーマンはほんとにどうかしてるぜと思うけどね。

サラリーマンという理不尽な組織を抜け出すには、稼ぐ術を持つかお金を持つかのどちらかしかありません。もがきあがき続けていればそれらが手に入る可能性があります。時間はかかるかもしれませんがサラリーマンという理不尽な組織から抜け出して自分らしい生き方をして人生を楽しみましょう。

関連コンテンツ